So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ
前の10件 | -

Lohengrin opera in Copenhagen [イベント]

ワグナーのオペラ、ローエングリン(Lohengrin)をコペンハーゲンで観ました :)
先ずはオペラの前に腹ごしらえ、AdmiralホテルのSALTにてワイン飲みつつちょっぴりゴージャスランチ。ワグナーのオペラは長いです、今回のLohengrinは3時間半、休憩入れてトータル4時間。腹ごしらえは大切(笑)。古い倉庫を改造したAdmiralホテルは、古い建物にモダンな内装でとても素敵でした。機会があれば泊まってみたいな。SALTも明るくて綺麗なレストラン、食事も美味しかったです。

今回のオペラは、新しい方のオペラハウスにて。レストランからカナール挟んだ反対側にあります。乗り合いバスのような、フェリーにて移動 :) コペンハーゲンのフェリーはとても便利です。
2005年に出来たばかりのオペラハウスは、とてもモダン。カナール沿いにあり、眺めが良く気持ちよい。でも今日は(いつも?)風が強く、夏は良いけど冬はかなり寒い。
全面ガラス張りで沢山の光が差し込み、中はとても明るくて綺麗。右の木でできた丸い中が劇場。モダンな建築なのだけど、劇場の中など多くの木で出来ていて、落ち着いた雰囲気もあり、新旧の融合という感じでとても素敵な建物。音響もばっちりで、このオペラハウスは良いですね。


今まで Don Giovanni, La traviata, Tosca など分かりやすい(笑)オペラしか観たことなく、今回初のワグナー。長いし大丈夫かな?とちょっと心配だったのですが、始まってみたら時間の経つのを忘れるほど面白かったです。設定が学校、という意外な演出だったのですが、これがまた上手くはまってて面白い。すっかり惹きこまれました。ざっくりストーリーは、弟殺しの罪に問われたエルザを、決して身元を尋ねないという約束で白鳥の騎士(ローエングリン)が助ける。二人は結婚するのだが、オルトルート(悪役)がエルザに騎士への疑念を吹き込み、ついに耐え切れずエルザはローエングリンに名前を尋ねてしまう。ローエングリンは名乗り、去ってゆく。その際、オルトルートの魔法により白鳥に変えられていた弟を元に戻す。男性版「鶴の恩返し」みたい?(笑)
ちゃんとワグナーを聞いたのは殆ど初めてだったのですが、本当に重厚な音楽ですね。迫力がある。ワグナーのオペラは切れることなくずっと歌い続けている感じ。ドイツ語も合ってますね(勿論全然意味は分からないけど(笑)、音が)。エルザはちょっと線が細かったけど、この演出には合っててかわいかった。ローエングリンもよかったし、中でも一番よかったのがオルトルート。彼女は素晴しかったです。
第3幕には、有名な「婚礼の合唱」(ワーグナーの結婚行進曲)が。これは結婚式の時ではなく、結婚式後、初夜へ向かう道での曲だったのですね。でもこの後、不安が募ったエルザはついにローエングリンに名前を聞いてしまい、結局破局。しかもエルザは死んでしまう(今回のオペラでは死ななかったけど)。実はあまりお目出度い曲ではないのですね(笑)
今回のローエングリンは新たなオペラの楽しみを発見。素晴しい一日でした :) さー、次のオペラを探そう!♪


Malmö Chokladfabrik [イベント]

先日、職場関係の女性だけ15人程で、マルメにあるチョコレート屋さんにて、チョコレートのテイスティングしてきました♪ @Malmö Chokladfabrik (Malmö Chocolate factory)
昔はマルメにある工場でチョコレート作っていたらしいのですが、工場は移転し、今はチョコレート作ってた大きな空間はクラブになっています。チョコレート作ってた機械など少し残ってたりして、かわいい空間なのですが、友達曰くここのクラブはあまりよくないそう(笑、私は来たことない) 今回テイスティングはこのクラブでしたのだけど、横にチョコレートショップがあり、チョコレート買えます。

プレゼンしてくれたおじさんが英語で説明してくれたのでよかった! チョコレートの豆知識が沢山得られました :)

8種類のチョコレートを、説明を聞きながら、少しずつテイスティング。1番から順番に、始めは白ワインで。ダークなチョコレートになっていくにつれ、赤ワインに。チョコレートとワイン、素敵♪
チョコレートを割って、その音を聞いて、Cocoa contentが何%かを感じる。良い cracking sound がする程、Cocoa conetntが多い。

1. Cocoa fat 100% ホワイトチョコレート。下の「チョコレートあれこれ」にあるよう、cocoa fat は高価なので、ホワイトチョコはチョコレートの中で一番高価である(混ぜ物してなければ)。(*1) やわらかくてクリーミー。
2. Cocoa content 34% (17% cocoa powder, 17% cocoa fat)(*2) 残りの64%は、砂糖とミルク。ミルクチョコレート。ベルギーチョコ (ベルギーのチョコと言えばミルクチョコ)。ソフトで甘い。
3. 38% クリームが入っているチョコ。スイスチョコ (スイスチョコと言えばクリームチョコ)。クリーミーな食感、甘い。
4. 48% クリームの入ったスイスチョコ。ここまでくると、割った時に大分よい音がする。あまり甘くなくて美味しい。
5. 58% これ以降は、ミルクやクリームは入っていない。longer roast してある豆を使ってるので、苦くめ。でも美味しい。大体50%超えた時点で、ビターチョコと呼ぶらしい。
6. 64% 甘くなくて、少しフツーティな味がする。面白い。良いcracking sound.
7. 64% 6番と同じcocoa content%だけど、豆が違って、これの方がビター。美味しい。このチョコは去年?何かの賞を取ったらしい。
8. 100% まずーーーーい!! ひとかけらだけなのに、舌がサンドペーパーで擦ったように、ザラザラ違和感。兎に角、苦い。食べられたものではない。

カカオの実。こんなにデカイ!中に、小さなピーナッツほどのカカオ豆が10数個入っているらしい。
カカオ豆。これは乾燥させてローストしてるので黒い。割って食べてみると、苦くてマズイ。この豆が、50% cocoa powder, cocoa fat で出来ている。

○チョコレートあれこれ
・Cocoa content は普通、半分がCocoa powder、半分は Cocoa fat.(*2)
・Cocoa powder より Cocoa fat の方が、とても高価!なぜならば、Cocoa fat は natural な fat なので、化粧品や健康食品などに多く使われるから。(*1)
・多く利益を得るには、Cocoa powder に安い fat を加えてチョコレートを作り、Cocoa fat を他に売ればいい。安いチョコレートには、違う安い fat を多く使い、Cocoa fat はあまり使われていない。
・チョコレートは3000年の歴史あり。
・チョコレートは臭いものの近くで保管しちゃダメ!チョコレートはにおいをflavorとして取り込んじゃいます。だからチョコレートは木の箱には普通入れない。
・チョコレートは心拍数を上げる。動物には毒。猫は40g、犬は60gで致死量!
・数々ある大手スウェーデンのチョコ会社は、もうスウェーデンではチョコレート生産してなく、ベルギーからチョコ輸入している(スウェーデンチョコはミルクチョコ)。知らなかった。なんかショック...

■Malmö Chokladfabrik
http://www.malmochokladfabrik.se/


Malmö festivalen 花火 [イベント]

今日はマルモフェスティバル最終日。恒例の花火!
花火を見ると、なんだか日本を思い出しますね :) とても綺麗♪

フェスティバルが終わると、もう夏は終わり、という感じで、ちょっとさみしい。最近めっきり寒くなって、冷え込む時は15度とか。これからどんどん暗くなって寒くなります...

Skydiving! [イベント]

会社の友人の友人が、スカイダイビングにはまってるというのを聞いて、私も飛んでみたい!と、人生初のスカイダイビング挑戦しました~!
一人で飛ぶためのトレーニングコースもあるのだけど(30回ジャンプなど..)、先ずは試しに、ということで、インストラクターと一緒に一回のジャンプを。

ルンドの少し北にある、Eslöv 飛行場にあるフライトクラブ、SKYDIVE SYD にて。
地図見ながらエスロブ飛行場は2本滑走路のあるんだなー、と飛行場に着いたら、そこは原っぱ。一面だだっ広い原っぱに、線が2本引いてある。これが滑走路ー!笑った。

同意書にサインして(スウェーデン語なので友達に訳してもらいながら)、ツナギのジャケットに着替える。インストラクターは、2mぐらいありそうな超でっかい兄さん!私と並ぶと、まるで大人と子供(笑) インストラクターと私をつなげる、4本のベルトを装着してみて、安全確認。そして彼から習ったことは、
1. 飛行機から落ちる時は、自分の足で立たずに、手で肩の2本のベルトを握ってインストラクターにぶら下がり、インストラクターが飛ぶ。
2. 落ちて体勢安定したら、インストラクターが私の肩をトントンと叩くので、そしたら手を万歳~。その時顔は下(グランド)見るのではなく、前(地平線)を見る。
# これが一般的によく見られるスカイダイビングの体勢かと。
3. またトントンと肩を叩かれたら、開いてた手を戻してベルトをつかむ。そしたらパラシュートひらく。(勿論インストラクターが全部やってくれる)
4. 最後パラシュートで降りてきて地上に着地する時は、私は足を前へだしておいて、そして地上へ降りる。

以上。正味約15分程。:D

そうこうしていると、燃料を詰め終わった白い飛行機がやってきた。この飛行機に乗って飛び立ちまーす!テールホイールの、ロシア製の古い飛行機~。テールホイールの飛行機乗るの初めてだからうれしー!
飛行機の中は、がらんとしてて本当に箱です。戦争映画に出てくるような飛行機だなーと思った(笑) 今回は、全部で6人が飛びます。
小さい飛行機大丈夫?と聞かれたので、「大丈夫!私 Single engine の private(自家用単発)パイロットライセンス持ってるの!」と言ったら、「おー、ならコックピット座らせてあげるよ!」と。わーーーい!!
パイロットはこれまた映画に出てきそうな中年のおじちゃん。コックピット座ってシートベルト締めようとすると、パイロットのおじちゃんが、シートベルトいらないよーと(笑)。そして横のヘッドセット貸してくれた。パイロットのおじちゃんが無線で回りに呼びかけながら、ランウェイ加速してテイクオフ! この飛行機、大きいけど、少しの加速ですぐテールホイールが浮いて、そして機体もすぐに浮いた。へー。そしてコックピットの計器類は、すべてロシア語!ロシア製の飛行機だから当然なのかもしれないけど、なんだか不思議ー。ロシア語の横に、テープで英語が貼ってあるのがかわいかった(笑)
この飛行機、かなり古い。今まで乗った中でダントツに古い気がする。でもしっかり飛んでる。すごーーく久しぶりの空。気持ちいいーーー!! 風が少し強めだけど、お天気の良い日で最高!約3000mまで上昇してから飛ぶので、それまでは外の景色を楽しむ。飛行機楽しい~!
2500mぐらいまで上昇した所で、いざ準備開始!インストラクターと私を、4本のベルトでしっかりと固定する。ドアが開いた!うわーーーー。楽しかったフライトが、ここで一気に緊張に変わる。ドキドキドキドキ、心臓の音が聞こえそう。かなりナーバス。
インストラクターにぶらさがって、ドア飛行機の外へ、、、飛んだー!

というより、落ちた!ですね!! 一回転しながら飛行機から落ちた。飛行機がどんどん遠ざかる。うっわーーー!今思うと、飛行機から落ちる時が一番ドキドキして、アドレナリンが脳から出まくってる感じ!!!

体勢安定してから肩トントンと叩かれ、手を広げて万歳のポーズ。こうなると、あまり落ちてるという感じはなく、下から風を沢山受けてる!という感じ。景色綺麗~。ふと横を見ると、んん?なんとあのオンボロ飛行機が、直滑降で地面に向かって落ちてる!ダイブしてる私と同じ向きに進んでるの!!(驚) あのおじちゃんパイロット、タダモノではない...。

そんなこんなで、またトントンと肩を叩かれ、あっという間にパラシュートが開いた。
インストラクターは、パラシュートを両手で巧みに操り、飛び立った飛行場まで誘導する。右手を引っ張ると右に、左手を引っ張ると左に曲がる。左だけいっぱい引っ張って、ぐるぐる回転させたり遊びながら、気がついたらもう地上が。着地もすーっと降りてきて、そのままトントンと歩いてランディング。流石インストラクターお見事!

あっという間のスカイダイビングでした!超ーーーー楽しかった!!!
脳からアドレナリン出まくりです!気持ちいい!!大興奮!!!
やっぱり空って気持ちいいなー、好きだなー、と、再確認しました。
やばい、これは楽しいぞ。:D

■ SKYDIVE SYD
http://www.skydivesyd.nu/
# 冬の間は飛ばないそうです。お天気次第だけど、大体9月ぐらいまでで、次は来春4月頃からジャンプ開始とのことです。

Broloppet Half-Marathon! [イベント]

デンマーク コペンハーゲンから、スウェーデン マルメの間には、長ーいØresund橋があります。
その橋の上を走る!Broloppetマラソンに参加しました!!
橋が出来てから毎年、このマラソンが開催されていたのですが、なんと今年が最後とのこと。橋の上走るなんて普通は出来ないし、これは記念に走っておかないと!と友達に誘われるままエントリー。(注、実はその後仕入れた同僚の話では、毎年「今年で最後..」といって開催してるとか。なぬー。笑)

デンマーク側の橋の先端、小さな島Pepparholmから走り始めて、橋の長さが10km。橋渡りきってからは、Malmoの街中をぐるぐる10km走って、Malmo stadiumでゴール。計21.097,5km、ハーフマラソン。
スウェーデン人、デンマーク人だけでなく、多くのドイツ人、イタリア人、オランダ人、、などなど、合計8000人以上の人が走ります!(2人10kmづつリレーで走るDuo-relayも入れて)

Registrationすると、ゼッケン「10216」番もらい、タイム記録するトランスミッターを靴につける。こんなのあるのね!
MalmoからバスでPepparholm島まで移動。走るのは大の苦手で、長距離は高校の時に5km走ったのが、人生最長のマラソン。そんな私なので、スタート地点へ向かう途中、かなり緊張してきた...。(汗)
Competitionの人などは、15時スタートで走り出し、その後はバス到着した順に、5分間隔ぐらいでどんどん走り始める。私は15時50分スタート!始まったー!
橋は、片側車線を通行止めにして走る。10kmの橋。始めはひたすら緩やかな登りが続く。
橋の途中、スウェーデンとデンマークの国境地点にて☆
橋の中央!ここからやっと下りになったー
昼間にスコールのような大雨が降ったりしたのだけど、走り始める時には良い天気!こーんな綺麗な景色の中、走ります!気持ちいい~!(けどかなり暑かった...)


橋を渡りきりMalmoに入ると、住宅地を走っていく。沿道には応援してくれる人達がいたり、子供達が水鉄砲や水のホースなど持って、水をかけてくれる。10kmでかなりへとへとで、「まだあと半分もあるの..(T_T)」とへたれ気味だったのだけど、街中走るのがまた違った感覚で面白く、なんとか先へと進む。
がしかし、15kmを過ぎてからは、足の股関節や膝が痛くなってきた。足が動かない。うわー(T_T) 上半身は元気だから走りたいのだけど、足がすごく重くて痛い。最後の3kmぐらいは本当に辛かった。でも横で、おばーちゃんが頑張って走っているのを見ると、私の頑張らなきゃ、と。

約2時間40分ぐらいかかり、なんとかゴール!はあー。ゴールではメダルもらった☆ そして用意してあったバナナが、めーっちゃ美味しかった!あーーでも激疲れた。暫くスタジアムの芝生に座り込んで、立ち上がれなかった...


正直、全部走りきれるとは思っていなかったので、無事ゴール出来たのはよかったです。自分でもこんなに走れるとは驚いた。ゆっくりだったけどね...!(笑) この倍、フルマラソン走る人達は、本当にすごいと思う。

あんなに頑張ったのに、家に帰って体脂肪計ついてる体重計にのったら、体重も体脂肪も、普段と変わりなかった......がーん(T_T)

p.s.

今回最大のヒットは、iPod shuffle! 自分のお気に入りの、元気な曲ばかりを集めて入れておいたら、走っている間中、孤独にならず楽しかったです♪ Shuffle、走る時以外には絶対に使わないけど、走るお供としては、最高~。

World cup soccer: ARGENTINA vs. CÔTE D'IVOIRE [イベント]

ワールドカップ、アルゼンチン vs. コートジボワール戦 @ハンブルグ、見に行ってきましたー!!♪
朝10時Malmo出発 → ハンブルグ到着15時 → 試合観戦 21時〜 → その後帰ってくる
という強行(!?)の旅(笑)。道順は、前回と同じく、行きはフェリー乗って、帰りは陸路経由。

朝から良く晴れた、最高のドライブ日和♪ 快調な走り、気持ちいい〜! 途中のフェリーにて休憩&ランチ。
ドイツへ入ると、、やってきました、アウトバーン! 3車線の見通しのよい所で、どこまでスピード出るか挑戦。
出ました、私の車で、210km!!! やったー!! 私の運転じゃないけど(笑)
そんなこんなで、快調にドライブは続き、15時頃にはハンブルグへ到着。街の手前の高速の標識に、スタジアムまでの案内(道しるべ)があり、迷うことなくスタジアムへ。でも車を駐車する前に、先ずはスーパーへ寄る。目的は、そう、ドイツビールの購入でーす! 
スウェーデンより断然美味しいドイツビールが、安く手に入ります。籠山盛り購入〜♪  注)私一人分じゃなくて、4人分です(笑)

その後、車をスタジアムの駐車場にとめて、Sバーン(電車)でハンブルグの町中へ。27度ぐらいある、かなり良いお天気!湖沿いにてビール飲みながら腹ごしらえ。最高に気持ちいいー♪
町中ワールドカップで盛り上がっている。アルゼンチンの旗かかげて箱乗りして、クラクションならしながら走ってる車や、電車の中では、サポーター達が笛吹きながら大合唱。楽しい♪

ハンブルグのスタジアム(高原のいるチームのホームスタジアム)は、そんなに大きくなく、席は1階(!)だったので、かなりの臨場感!! 迫力満点ー!!! スタジアムを見渡すと、ほとんとがアルゼンチンサポーター、水色で埋め尽くされている。やはり注目はアルゼンチンだけど、気分的には劣勢のコートジボワールを応援したくなっちゃう。スタジアムは一番上の席まで、ぜーんぶ埋まっている。流石ワールドカップ。
大声援の中、試合開始。コートジボワールの選手の方が、頭丸々一つ分、アルゼンチンの選手より大きい。体が大きくスピードも早くて、かなりアルゼンチンへ攻め入っているのだけど、中々点が取れない。そんな中、アルゼンチン、アルビセレステのゴール! そして前半も残り少なくなってきた頃、リケルメのスルーパスから2点目! 10番リケメル、凄い。かなりよい動きしている。流石。

18歳のメッシのプレーを見たかったのだけど、彼はこの試合は出場しなかった。残念。ハーフタイムでは、練習している彼をチェック☆ かわいい〜(笑)


マラドーナが奥さんと一緒に観戦に来てた! スタジアムのスクリーンに映り紹介された。わーい、生マラドーナだー!
後半、コートジボワールが1点返した時には、かなり盛り上がったのだが、そのままアルゼンチンが逃げ切り、2-1 アルゼンチンの勝利。いやー、終止、大興奮!! 大迫力、大感動、大満足なワールドカップ観戦でした!☆


Malmö FF vs. Helsingborg IF [イベント]

今日は部署のみんなで、Malmö stadion で行われた、Malmö FF vs. Helsingborg IF のサッカーの試合見に行って来ました!

Malmö stadion は、約2000人収容できるスタジアムです。日本の大きなスタジアムからすると、こじんまりしてますが(でもマルメ人自慢のスタジアム!)、その分近くで試合見れるので良い♪
Malmö FF も Helsingborg IF も同じスコーネのチーム(近い)。スタジアムでは、ほとんどは Malmö FF の応援(水色のユニフォーム)なのですが、Helsingborg IF 応援(赤いユニフォーム)も結構多い。同僚でも Helsingborg 出身の2人は、必死に Helsingborg IF 応援してました。

試合は、Malmö FF 3 - 1 Helsingborg IF で、Malmö FFの勝利!!大盛り上がりでした☆
スタジアムでは、ハーフの休憩時間と、3点目入れた後、Malmö FF サポーター席から、こんな真っ赤な炎が。これは禁止らしいのですが、だから旗で火元を隠して、誰がやってるか外から見えないようにしているのだとか。ルールを守る、温和なスウェーデン人なのですが、こんなにエキサイトする一面もあるのですね(笑)

Malmö FF
http://www.mff.se/
Helsingborg IF
http://www.hif.se/


スウェーデン初スキー @Vallåsen [イベント]

先週18日(土)に、遅ればせながら、スウェーデン初スキーしてきました!
スコーネの北にある、Vallåsen へ。平たいスコーネなのですが、ここだけちょこっと山、というか丘があります(笑) デンマーク人は、観光バスでやってきます。

Malmö から北へ、車で1時間ちょっとで着きました。意外と近かった。
色々な人から、小さなスキー場だよ、と聞いていたので、あまり期待しないで行ったのですが、これが以外に面白い!久しぶりのスキーに、大はしゃぎでした(笑) 短い斜面だから、直ぐに終わっちゃうのだけど、何度も何度もリフトに乗って滑る。スピード感が気持ちいい♪
スノボ用のジャンプ台とかも色々あって、スノボ楽しそう。スノボはかなり下手なのだけど、練習したくなった(笑)

やっぱ雪山楽しいなー♪ こんな近いなら、こんな楽しいなら、もっと前から来ればよかった!
後悔先に立たず。もうスキーシーズンは終わりですね、残念。来年はもっと早い時期からスキーやることにしよう。スノボの練習も :)

■Vallåsen
http://www.vallasen.se/?id=1&lang=2


Poker [イベント]

スウェーデンでは、ポーカーが流行っています。TVでもよく、ポーカーをやっている番組があります。
アメリカでも流行っているみたいなので、世界中でポピュラーなのですね :)

職場のみんなで、たまに仕事後に集まってポーカーします(笑)
掛け金は、一人50SEKと、ランチ代よりも安いお金なのですが、みんなで集まってやるポーカーはかなり楽しいです♪
先日も8人ぐらい、同僚の家に集まってポーカーしたのですが、グリーンのテーブルクロスは、同僚(もちろん男!)が自分で縫って作ったとのこと!! スウェーデン人男性は、お料理もできますが、裁縫もできるのですねー。いや、びっくり。彼はこのテーブルクロスを見せたくてしょうがなかった模様。ばっちりポーカーに最適でした ;)

ポーカーの種類は、テキサスホールデム(Texas Holdem)。自分の手持ちカードは2枚しかなく、かなりの精神戦です!駆け引きやはったりが重要で面白い。
全員で始めて、自分のコインがなくなった時点で終了。最後に残った一人が優勝になります。
なので、どんどん限りなくお金をつぎ込むこともなく、とても健全(笑)。ただ、早く負けちゃうとやることがなくなっちゃうので、つまらないのです。ずっと楽しむためにも、勝たないといけない。

20分毎など時間をくぎって、その度にブラインド(ゲーム始めのベット額)が、高くなっていきます。なので、だんだん人が少なくなり、勝負がつきます。

先日のポーカーでは、なんと私が優勝~!今まで早く負けてたのですが、着々と学んできた成果か!? 最後の二人での勝負は、駆け引きというより、運でしたね(笑)
みんなでやるポーカーは楽しいです♪是非お勧め!

(注) スウェーデンのカード。ジャックとキングが紛らわしいっ
Kn = Jack (Knekt)
D = Queen (Dam)
K = King (Kung)
E = Ace (Ess)

同僚がコインやカードなど、ポーカーセットを持っている(笑)
このグリーンのテーブルクロスが、同僚(男!)が自分で縫ったもの。

ゴーカート in Malmo [イベント]

師走はどこの国でも慌しいものですね。そんな中ですが、先週会社の Section activity で、ゴーカートへ行って来ました!
「ゴーカート」って、遊園地にある子供がやるようなのかと思ったら、いやいやとても本格的!
インドアのゴーカート場へ入ると、エンジンの爆音が聞こえる。うわー!寒さも一気に吹き飛んだ。

先ずは赤いレーサー用のツナギに着替える。一番小さなものを選んだのに、ぶかぶか(笑)
簡単なフラグの説明を聞いて(青フラグは後ろから早い車が来てるからスローダウンして譲れ、黒白フラグはあともう一周、、など)、ヘルメットをかぶり、カートへ乗り込む。

右足ペダルにアクセル、左足ペダルにブレーキ、エンジンの振動がすごい。ゴーサインが出て、アクセルを踏み込む。うわー早い!実際にはそんなにスピードは出ていないのかもしれないけれど、地面すれすれを走っているので、スピード感がすごい。気持ちいい!!
ストレートをフルアクセルで走り抜けるの快感!コーナーの曲がり方が難しく、コースやスピードなど色々考えながら走るので、同じ所を何度も何度も走っても、全然飽きない(笑) 楽しいー♪
部署のみんなで白熱したレースして、大満足でした!(順位は、、内緒です、、笑)

■Race House Indoor racing
http://www.racehouse.se/
同僚曰く「スウェーデン一大きい、インドアのレース場」だそうです :-)

前の10件 | - イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。