So-net無料ブログ作成
検索選択

Malmö Tango festival 2007 [Tango]

4月4~8日で、Malmö Tango festival 2007 でした!
http://www.malmotangofestival.com/

昼間は workshop (レッスン) があり、夜には Milonga (自由に集まり踊れるパーティーみたいなもの) があります。Workshop は2時間クラスが2コあり、Milonga は夜21時~午前4時まで。Festival 期間中、workshop 全部受けて Milonga も全部行くという、whole pass もあり(これだと個々に取るよりかなり安い)、この whole pass レジスターしているタンゴ友達も沢山いた。皆気合入ってますねー。
私はイースター休み中は出かけるので、5日だけ、昼間に workshop 2コ受け、夜に Milonga へ行きました。Milonga では午前3時半まで、お水+コーヒー+バナナで踊ってました(笑) 健康的っ

Malmö なんて小さな街だし、、と、この Tango festival 結構なめてたのですが、始まってみると意外と本格的で、来ている先生達は素晴しいし、集まっている人達も、近隣のデンマーク、ノルウェー、フィンランドだけでなく、ドイツ、イギリス、アイスランドなどなど、結構色々な国から来ていました。驚き。
毎晩 Milonga で0時過ぎから、先生達のショーがあります。これは本当に素晴しかった!!! 間近でこんなにも素晴しいダンスを、美しいダンサーを見たのは初めてで感動! 本物のタンゴってこんな踊りなのね!と目から鱗でした。(いつものタンゴはソフトというか、、全然違いました、笑) これで一段とタンゴに気合が入った。いつの日かあんな風に踊れるように頑張ろう。(夢)


Tangokurs (Tango class) [Tango]

楽しい夏も終わり、寒くなってきたところで、Tango のクラスが始まりました。@Tangokompaniet
会社帰りに行きやすいように、Lundの会社近くのクラスにしました。これからクリスマスまで毎週月曜日にレッスンです♪

私がタンゴを始めるきっかけになった会社の先輩(日本人、彼女は先生できるほど上手い!)から、「東洋人は西洋人と重心の位置が違うから、こちらの靴だと足が痛くなったりする。日本のKentの靴がいいわよ」と教えてもらっていたので、前回日本帰国した時に、タンゴシューズを購入。スウェーデン人は背が高い人が多いので、負けじと高い 8cm ヒールの靴にした。始めはヒールが高くて足がつりそうになったりしたけど(笑)、何回かで慣れ、靴も柔らかくて足に馴染んではきやすい。タンゴ踊る準備はばっちり。

クラスは20人ぐらいで、学生もいるけど、ちょっと年齢層は高めかも。若者はタンゴよりサルサの方が人気があるのかな。(サルサ習ってるという同僚が結構いる) クラスは私以外、みなスウェーデン人なので、レッスンもスウェーデン語。隣の人にちょこちょこトランスレートしてもらったりしているけど、一生懸命先生の説明するスウェーデン語を聞き取ろうとするので、よいスウェーデン語の勉強になる(笑) タンゴの腕と、スウェーデン語、両方上手くなるかしら!? 暗い冬へ向けて、インドアのアクティビティー開始です :)


Tango [Tango]

土日の週末、Tangoレッスンを受けました。人生初タンゴ!
Tango やっている同僚から、週末2日間だけのビギナー向けのワークショップが開かれるというので、以前から興味もあったし行ってみることに。会社近くにある、Tangokompaniet にて。

今まで、ジャズダンスなど基本一人で踊るダンスしかしたことなかったので、二人で踊る Tango は、感覚も全然違いかなり新鮮な驚きでした。
Tango は、基本的に男性は前、女性は後ろにしか進みません。ということは、常に男性がリード(女性は進行方向が見えない)。女性はリードに合わせて、踊るのです。次にどんなステップを踏むのか、どちらの方向に進むのか、すべてリードの男性次第。女性はそれに合わせる。女性は、次に何が来るのか、予想して勝手に進んじゃダメなのです。リードがどう踊りたいのかを感じ取り、それに合わせないと踊りにならないのです。

いやー、相手に合わせて踊るというのは、これがまたすごく難しい。自分が如何に selfish な人間か、思い知らされた感じです(笑) 勝手にしてたら、踊りにならない。相手の気持ちを読んで、それにシンクロさせないといけない。二人で踊るって、こんなにも大変、というか、色々と考えさせられるものだとは思いませんでした。奥深い。でもだから、呼吸があってちゃんと踊れたりすると、すごく楽しい!

Tango は feeling が大切で、とても emotional な踊りという印象。一口に Tango と言っても、色々な種類があるようですが、どれもとても dramatic な音楽で素敵。特にタンゴの曲がDJによってアレンジされている、Electronic Tango は衝撃。思わず教室で売ってたCDを買ってしまった(笑)

すっかり Tango が楽しくなってしまった私は、毎週日曜の夜だけやっているという、家の近くの Lillatorget 広場にある Tango bar へ早速行っちゃいました。Bar と言えどもお酒はなく、皆ひたすら踊ってます(笑)。スウェーデンにしてはわりと外国人も多く(南米系が多くいた。アジア人は流石に私一人だった)、年配の方から若者まで色々な人達がいて、面白かったです。
ただまだ私は上手く踊れず、緊張したりつっかえたりすることが多かった・・・心底音楽を聴きながら楽しんで踊れませんでした。上手い人達は本当に綺麗で楽しそうに踊る。
まだまだ道のりは長そうですが、Tango 楽しいー。すっかり魅了されちゃいました :)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。